弁護士費用特約を利用するメリットと「損しない特約」について

弁護士費用特約に加入すると、交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する費用を保険会社が負担してくれます。

「交通事故の示談交渉をどのように進めたら良いかわからない」「費用が心配で弁護士には相談できない」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。弁護士費用特約に加入していれば、そのような心配は必要ありません。

今回は、弁護士費用特約とは何かを紹介したうえで、弁護士費用特約を利用するメリットを詳しく解説し、弁護士費用特約に加入していない方向けに当事務所が独自に提供している「損しない特約」についても紹介しています。

目次

弁護士費用特約とは

弁護士費用特約とは、交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する際にかかる費用を保険会社が負担してくれるという内容の特約です。

弁護士費用特約は、自動車保険に付帯しているだけでなく、火災保険や医療保険にも付帯していることがあるので、知らず知らずのうちに加入しているケースも珍しくありません。交通事故の被害に遭ってしまったときは、ご自身が加入している保険に弁護士費用特約が付帯されているのかを確認してみてください。

交通事故の示談交渉を被害者本人が行うのは、肉体的にも精神的にも大きな負担となります。弁護士費用特約を利用すれば、示談交渉を全て弁護士に任せられるので、不安を感じることなく治療に専念できるでしょう。

弁護士費用特約を利用するメリット

交通事故の被害者が弁護士費用特約を利用するメリットは、次の4点です。

弁護士費用特約を利用するメリット
  • 費用の負担なく弁護士に依頼できる
  • 専門家に交渉を任せられる
  • 賠償金の増額が期待できる
  • 利用しても保険の等級に影響しない

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

費用の負担なく弁護士に依頼できる

弁護士費用特約を利用すると、多くのケースで自己負担なしで弁護士に示談交渉を依頼できます。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると、相談料、着手金、報酬金などの費用がかかります。交通事故に遭ってしまった人の中には、費用の問題で弁護士に依頼できない人もいらっしゃるでしょう。弁護士費用特約を利用すると、1事故1名につき、相談料10万円、弁護士費用300万円を上限として保険会社が弁護士費用を負担してくれます。

弁護士費用は、原則として相手から得られる賠償金の額に応じて増えますが、弁護士費用特約の上限を超えるケースはほとんどありません。上限を超えるケースでも、その分だけ相手から得られる賠償金の額も増加するため、実質的な自己負担はないと言えます。

弁護士費用の心配なく弁護士を利用できるのは、弁護士費用特約の最も大きなメリットと言えるでしょう。

専門家に交渉を任せられる

弁護士費用特約を利用すると、法律の専門家である弁護士に示談交渉を全て任せられます。

交通事故の示談交渉では、過失割合、後遺障害認定、慰謝料の金額など専門的知識がなければ適切な対応が難しい問題が多くあります。交通事故の被害者が自分自身で示談交渉するのは、負担が大きく、適切な主張・立証をするのも難しいでしょう。

弁護士に示談交渉を依頼すれば、適切な主張・立証ができずに不利な過失割合を認定されたり、早期に治療を打ち切られたりする心配がなくなります。

交渉を依頼する弁護士は、自分自身で探すこともできますし、保険会社に紹介してもらうことも可能です。

あわせて読みたい
知らないと損する!!交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット 過失割合100対0の交通事故被害に遭った場合、被害者自身が示談交渉をする必要があります。加害者が保険会社に加入している場合は、保険会社とやりとりをします。 一般に...

慰謝料の増額が期待できる

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると、慰謝料の額が弁護士基準で計算されるため、慰謝料の増額が期待できます。

交通事故の慰謝料には、次の3つの基準があります。

自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準
交通事故の慰謝料:3つの基準
  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

この中で最も慰謝料が高額となる基準は、弁護士基準です。弁護士に依頼せずに相手方の保険会社と交渉する場合は、任意保険基準での交渉となります。弁護士に依頼すると、弁護士基準を前提として交渉することになるので、多くのケースで慰謝料の増額が期待できます。

さらに、交通事故の初期段階から弁護士に相談しておけば、適切な慰謝料を得るための通院の方法や、後遺障害認定についてのアドバイスも受けられるので、弁護士特約をより効果的に活用できるでしょう。

あわせて読みたい
交通事故慰謝料は弁護士基準が最も高い!!他の基準との比較 交通事故慰謝料には3つの基準があることを知っていますか? 自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準(裁判基準) 交通事故被害者になると加害者(相手)側の任意保険会社と示談...

利用しても保険の等級に影響しない

弁護士費用特約は、利用しても加入している保険の等級に影響しません。

交通事故で、車両保険を利用したり、事故の相手への賠償金を支払ったりすると保険の等級が下がって保険金が高くなります。ところが、弁護士費用特約については、保険の等級に影響しないので、利用しても保険金が高くなることはありません。

保険の等級への影響を気にせず、気軽に利用できるのは弁護士費用特約のメリットと言えるでしょう

弁護士費用特約のまとめ

弁護士費用特約は、費用の心配なく弁護士に依頼できるという交通事故の被害者に大きなメリットのある特約です。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すれば、自分自身は治療や日常生活を送ることに専念できますし、最終的に得られる慰謝料の増額も期待できます。

弁護士費用特約を利用しても保険の等級への影響はありませんし、弁護士への相談費用も保険会社が負担してくれます。交通事故の被害に遭ってしまったら、まずは弁護士費用特約を利用して弁護士に相談してみてください。

「損しない特約」について

交通事故被害でお悩みの方は

豊橋法律事務所へご相談ください!

豊橋法律事務所へ
ご相談ください!

目次